Windows7 保護されたシステムファイルの編集方法

Windows7の保護されたシステムファイルを編集するためのメモ。

システムファイルの編集時に必要になる、TrustedInstallerからファイルの所有者を横取りする方法やアクセス権限を追加する手順について記載。

どうやっても消せないフォルダーがありました。
このとき、システムファイルが原因しているのではないかと四苦八苦していたのです。しかし、Windows7では、システムファイルを移動・削除など行うことができません。

これは、ファイルのセキュリティが、TrustedInstaller にのみ書き込み・変更の権限が付与されているためです。それ以外のユーザーについては、たとえAdministratorであっても、読み取りと実行のみになっています。
そのため、これらシステムファイルを変更する際には、所有者の変更を行ってから、削除権限を付与します。

該当フォルダーを選択、ファイルのプロパティ-セキュリティタブ-詳細設定-所有者タブ-編集 を順次クリックし、所有者の変更で適切なユーザーを選択する。
その後、そのユーザーにフルコンを与えて削除ができました。